虫歯になりやすい僕の予防歯科

シェアする

予防歯科

ここ2ヶ月ほど原因不明の頭痛に悩まされて、睡眠も浅い日々が続いていたYoriitoです。病気か?老化か?この2つの問いを行ったりきたり。遂には銀歯を被せた奥歯まで痛みを訴えてくる始末。かなり痛むので、会社近くの歯医者へ直行。痔の次は、虫歯とはとことんツイていないなと思いつつ、診察台へ上り歯を観てもらうと、相当深い虫歯だということ。先生から神経を取らないとダメですねといわれてガックリ。麻酔を打たれて、銀歯を外されて、神経を抜かれ、今は仮の詰め物が入っています(泣)

ちなみに、この治療で原因不明の頭痛はピタリと止まりました。

銀歯は延命治療

さて、銀歯の中が虫歯になることなんてあるのかと思いネットで調べてみることに。すると出るわ出るわ、銀歯にしてからの虫歯を患ったという報告の数々。挙句には、銀歯は延命治療に過ぎず、銀歯と歯の間にミュータンス菌が入って、虫歯なる確率ことが多々あり、徐々に歯が削られていくといった悲しいお話まで。。。

ハミガキを再考する

一年に一度はしっかりと検診を受け、巷で一番売れている歯ブラシと、これまた巷で話題だった紫色の洗口液の合わせ技で、虫歯対策はバッチリだと思っていた自分が甘かったと痛感。また先生から磨き残しもたくさんあるねと言われて、ダブルショック。

歯は白い宝石です。ネットの情報を調べ、実際に歯科衛生士さんに予防歯科について伺いました。突き詰めていけば、もっと他のやり方はあると思いますが、1回の歯磨きに5分以上の時間を取られたくないのと、予算が無尽蔵にあるわけでもないので、以下5つのポイントに絞って予防歯科を強化することにしました。

1.甘い炭酸飲料を避け、虫歯リスクを低減

2.電動歯ブラシを使って磨き残しを減らす

3.歯医者さんオススメのハミガキジェルを使う

4.100%のキシリトールガムを一日3回食後に噛む

5.半年に一度定期的に検診を受ける

1.甘い炭酸飲料を避ける

20140126_a
仕事が忙しくなってくると、甘い炭酸飲料をガソリンとして飲むことが週に2~3回あったなと反省。体こういった炭酸飲料は、砂糖の量が虫歯リスクを高めるのはもちろん、もう1つ「炭酸」であることが、口内のPH値を下げ、さらにリスクを加速させる可能性もあるとか。

とにかく甘い炭酸飲料は避けることにします。

2.電動歯ブラシを使う

毎回検診に行くたびに、ハミガキの仕方について指導されても、次の検診では磨き残しがあるといわれる始末。

最近の電動歯ブラシはそれほど価格も高くなく、タイマー機能もついているので、しっかり磨けます。また、「磨き残し」が無くなったとのレビューをあちらこちらで見かけるので、遂に電動歯ブラシデビューをすることにしました。空気に触れるだけで死滅する虫歯菌もあるそうなので、電動歯ブラシは効果的です。買ったのはソニックケアー。朝と夜はそれぞれ4分間のタイマーをセットして歯を磨いています。

充電式で5日程度使えるので、旅行先などでも重宝しています。フル充電に少し時間がかかるところが難点かな。

3.コンクールとコンクールF

どの歯磨き粉がいいのか、どの洗口剤がいいのか、迷ったら、もう歯医者さんススメているヤツでいいでしょう。

プロが言っているからと言って本当に効果があるかはわからないけれど、かと言って最近流行りの重曹歯磨きに乗っかるのはちょっと怖い。最近どこの歯医者さんでも見かける(歯医者は4件くらいハシゴしたことがあります)このハミガキジェルと先口剤を買うことにしました。

4.100%キシリトールガム

もうね、体質からして虫歯になり易い人とそうでない人ははっきり別れていると思うんです。あなたは、虫歯リスクの高い口内環境と言われれば、もうそれまでです。虫歯リスクを低くする体質になる方法ってあるんですかと聞いたところ、「3ヶ月間100%キシリトールガムを毎食後に食べると、虫歯の原因菌を減らす事に成功したという研究報告はあるわよ」

100%キシリトールガム!! ということでどこにそれが売っているんですか?聞いたら、ニッコリして受付で売っていますという話でした。。。ここは大人しく定価で売られているやつを受付で買いました。ドラッグストアなどに行けばもっと安く売っていると思いますが、歯科専用と書かれているやつがオススメだとか。

この話はなかなか興味深かったので、いろいろ聞きました。
どんなにしっかり歯磨きをしたところで、食事などによって増殖した原因菌は減らせても、もともと保有している菌の数は減らすことは出来ないそうです。虫歯の原因菌を保有している数にはそれぞれ個人差があり、この初期値は生涯に亘って変わることがないそうです。これが虫歯リスクの高い低いに繋がっているんでしょうね。

ただ、100%キシリトールガムはこの原因菌の初期値を減らす可能性を含んでいるというお話でした。これは虫歯リスクが高い人にとっては試す価値がありそうな話ですよね。
歯科専用キシリトール100%A

5.歯の検診は半年に一度

虫歯リスクが高い人はごく短いスパンで歯医者さんで検診と歯石の除去をしてもらうのが良さそうです。1回1,000円くらいで大切な歯が守れるなら、それに越したことはありませんよね!

【追記】歯の検診に行ってきました!

虫歯は1本だけありました。しかしこれは銀歯の被せもの中の虫歯ということで、以前の虫歯菌が残っていたんでしょう。結果から言えば、検診に行く度に白い歯を削られ続けてきた私にとっては上記の予防歯科は功を奏したようです!!








“おやゆび文鳥”

シェアする

フォローする