魯山人の料理の第一歩から芸術の時代へ

シェアする

魯山人の料理の第一歩から芸術の時代へ

​美味しんぼに出てくる海原雄山のモデルとも言われている北大路 魯山人。

私は、北大路魯山人のファンではないものの、この作品を読んでハッとさせられたことがある。

ちょっと引用してみよう。

 一人の男がいた。女房が去った後は独りで暮らしていた。その男はこんなことを考えた。

「まず土地を見つけることだ。よく肥えた土地を。そしてそこへ野菜を植えるのだ。毎日野菜が食べられるぞ」

 けれど、男は土地を探すことをしなかった。家の中でごろごろしていた。それでも、おなかがすいてくるので、パンをかじった。男はあくる日、こんなことを考えた。

「野菜もいいが、牛を飼うのだな。そして、豚も飼うのだな。おいしい肉が食べられるぞ」

 でも、男はなにもせずにごろごろしていた。おなかがすいたので残りのパンをかじっていた。その男の頭が、なんだか少しふくれているようだ。

 あくる日、男は考えた。

「女房がいなくとも、ちゃんとこうして食べていける。待て待て、自分で料理だってできるぞ。そう動きまわらなくとも、手をのばせば用事ができるような便利な台所をつくることだ。清潔な明るい台所を」

 だが、男は実際はなにもしなかった。おなかがへってきたので、パンを食べようと思ったが、もうパンがなくなったので、米びつの米を生のままかじって考えた。

「待て待て、台所もいいが、それより先に、働きやすいような、身軽な服装をこしらえることが第一だな」

 それでも、なにもしないで、女房が部屋のすみの棚においていったりんごをかじった。

 その男の頭が、少しふくれたようだ。

「そうだそうだ、果樹園を作ろう。新鮮なくだものを木からとってすぐ食べることはすばらしいぞ」

 でも、男はなにもしなかった。そして米びつの米をかじった。

 こうしてこの男は考えてばかりいるうちに、だんだん頭が大きくなっていった。少しも働かぬので、手や足はだんだん小さくなっていった。家の中にも、もう米もくだものもなんにも食べるものがなくなった。それでも男は考えることを止めずに、考え続けた。だんだん男の頭は大きくなって、手足や胴は小さくなっていった。

 とうとう食べるものがなくなると、男は小さくなった自分の足を食べてしまった。でも、男は考えを止めなかったので、いよいよ頭が大きくなっていった。食べるものがないので、自分の胴を食べ、手を食べてしまった。

 おしまいに、この男はもう食べるものがなくなって、考える頭と食べる口だけになってしまった。この男の考えることは、一つも間違ったことはなかった。ただ一つも行わなかっただけであった。世の中には、こんな頭の大きい男がたくさんいる。わたしは、この気味のわるい男の話をときどき思う。
 
正しいこと、いいことを考え、間違ったことを少しもいわないひとびとがいる。そして一つも実行しない人間もいる。

現代人だと事情は異なる。

欲しいものがすぐ目の前にある。

手に届くとこにある。

パンをかじらずとも、都内なら徒歩数分のコンビニでとろとろの有名パテシエが監修したシュークリームが手に入る。

指先を動かすだけで商品が届けられる。

オシャレを発信する雑誌やサイトが世に溢れている。

シンプルな暮らしを目指したものや、スタイリッシュでハイセンスな生活スタイル。

文化人を気取った人間の量産するメディアが、かつてこれほど蔓延したことはないだろうと思う。

一昔前は、オシャレにはエモーショナルな意志力が必要だったんだけど、今はオシャレが巷にすっかり用意されている。

目と鼻の先に吊るされた貴族文化。りゅうちぇるのようなキャラクターが人気が出るというのも興味深い。

時間をかけて日本人は存分にオシャレになってきた。でも、そういったオシャレのメディアに密かな反発を覚える自分かいる。

安くていいモノ、さらにカッコ良さを兼ね備えたモノが手に入る時代。

あの到達し難いオシャレの中に内包されていたある種の憧れが、薄められて街中に蔓延していると思うと、次の憧れが欲しくなる。

ウィスキーのマッカランみたいに濃縮された芳香に出会いたいと望む人たちが次に乾いた喉を潤すのは、きっと芸術に違いないと思う。

AKB48に代表されるように、会えるアイドルというのは薄められた憧れに過ぎない。

それもかなり希釈された憧れは、消費がとてつもなく速い。

恋愛観を歌った楽曲は今後ますます少なくなっていくに違いない。

少子化の煽りを受けて、思春期の多感な子供達相手だけでは、商売は成り立たなくなってきているのも興味深い。

到達し難い憧れを歌い上げる歌手たちはこれまでもいたけど、こういったスタイルが今後主流になってくるのではと密かに考えている。

そう言った意味では、魯山人の書いた料理の第一歩に出てくる怠惰な男は、半ば強制的に自分の描いた楽園へと導かれたことになる。

この楽園が放つ甘美な腐臭を現代人の心はどうとらえるのか?

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー
Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー









“おやゆび文鳥”

シェアする

フォローする