仕事ストレス解消はNo残業デー

シェアする

仕事ストレス解消はNo残業デー

転職情報などを取り扱う「Vorkers」より、約6万8000件の社員による「残業時間」のレポートが公開されました。これによると、対象者のうち、月の平均残業時間「30時間」が14.5%と最も多くて、次に残業時間「40時間」14.5%と続いています。平均残業時間(月間)の年齢別推移では、私たち30代は50時間前後といったところ。すごいな、平均が50時間って。。。私はそんなに働けませんよ。月の残業時間が40時間を超えて来るともうイヤになってしまう人間ですから。

自分の会社にNo残業デーが無いって?それなら自分で曜日を決めて定時でさっさと上がって下さい。火曜日か水曜日がいいんじゃないですか。残業が続いていればいるほど、定時に退社するのは気持ちがいいものです。まるで午後半休をもらったような心持ちになれます。まるで、サウナと水風呂のような素敵な関係。私は心の弾力をこうして保つようにしています。

もちろん、No残業デーを乱発してはいけません。社内に敵を作ることになりますから。日本の組織は和合と烏合で出来ています。週に一回くらいなら、あいつ少し変わってるくらいで済みます。

大切な用事を演出

No残業デー自体が大切な用事なんですが、これを理解してくれる人は少ないかもしれません。なので、大切な用事があるんだといった雰囲気を朝からムンムンに出すことが大切です。私の場合は、チェロの練習という大切な用事が実際あるんですが。。。行きつけの立ち飲み屋に行くとか、ヨガ教室に行くとかでもいいと思います。とにかく濃厚クリーミーなNo残業デーの素晴らしさを体感してください。

趣味がストレス解消になるという錯覚

201408211a
はっきり言って、趣味は仕事のストレス解消になりません。もうわかってるでしょう?仕事のストレスは仕事で解消するんです。それでも、仕事の中で強いストレスにさらされることが多いからこそ、No残業デーが力を発揮してくれます。No残業デーは仕事の調整が出来ているという実感が伴うからです。

週始めの月曜日がどんなに憂鬱でも、No残業デーが毎週あなたを助けようとトライしてくれます。下手な趣味を始めるより、よっぽど効果があると思います。自分の人生をコントロールしている実感を週一回手に入れてみましょう。








“おやゆび文鳥”

シェアする

フォローする