そうだ!ポイントカードを捨てよう

シェアする

テレビを捨て、電子レンジを捨て、次は何を捨てようかと思った時、そうだポイントカードや会員証が要らないなと感じました。一時期はカードケースを別に買って管理してましたが、そんなことに時間を取られるのも馬鹿しいなと感じ、じゃんじゃん捨てることにしました。

企業側にも考えて欲しいです。お客さんにポイントカードや会員証を持たせる意味が本当にあるのか? 

サービスがよければそこで買います。サービスが悪ければポイントが付こうが付くまいがそこでは買いませんし、買いたくありません。ビッグデータの収集を目的として、作らせるならまだわかります。商売ですからね。ただ、何となく会員証、ポイントカード、スタンプカードを発行する企業が多すぎるのには辟易とします。

ちょっと油断すると、財布の中はポイントカードがもこもこ増えている始末。




ポイントカードはいらない

カードをつくるとポイントが~、特典が~。ほんの一部を除き、ポイントカードや会員証のポイントや特典なんて本当に大したことありません。すっごい恩恵受けた!ってことありますか? 私はありません。ポイントの有効期限が切れていて絶望したことはありますよ(笑) ○○円につき○ポイント付きます! 

あなたが今まで使った金額に対して、ポイントはいくら付いていますか? 財布から出して、ピッとやられてポイントが付いて、これだけ苦労して溜めたポイントを何に使おうかなんて考えるのはまっぴら御免です。そんなことに時間を費やしたくないんです。お札に生えた苔みたいなポイントに自分の時間を分け与えるなんてしたくありません。

微々たるポイントの為に自分のお財布が汚くなるくらいだったら、さっさと捨てましょう。




会員証も要らない

もう会員証もいらないでしょう。最近ようやく増えてきましたが、携帯アプリで認証するとかにしてもらえないですかね。ガラケーの方にはQRコード使って認証すればいいじゃないですか。携帯を持っていないユーザーには会員カードを発行するといったスタイルでいいような気がします。会員のデータベースをまさか紙で管理している企業なんてないはずです。会員データは電子化されているのに、使用するユーザーにプラスチックのカードを持たせて管理するというやり方がなんだか変な感じ。

私が一番イヤっ!と思うのは、時間を盗まれることです。これは会員証やポイントカードに限った話ではなくて、情報化社会全般に言える傾向で、時間泥棒が家の中まで悠々と入ってくる時代になったんだなぁとつくづく感じています。時代とかいっちゃいましたけど、まだ、おじいちゃんとかじゃないですよ。








“おやゆび文鳥”

シェアする

フォローする