夏は学芸大学駅にあるマッターホーンのモカソフトが食すべし!

シェアする

夏は学芸大学駅にあるマッターホーンのモカソフトが食すべし!

氷菓とアイスクリームのどちらがいいかと問われれば、知覚過敏の私はやはりアイスクリーム派です。その中でも、一番好きなのは濃厚で味わい深いあの純白なソフトクリーム!

しかし、あの牧場で食べるような濃厚なミルクソフトクリームというのには、なかなか出会えません。ミニストップが近場にあればいいんですが、残念ながら自宅周辺にはファミリーマートとセブンイレブンしかありません。

また、ソフトクリームをコンビニのアルバイト君に頼むと嫌がられることも多く、実はハードルが高かったりするんです。

マクドナルドのソフトクリームももちろん好きです、サンクスのソフトクリームだって悪くありません。けれどもしかし、夏にソフトクリームを食べるからには、やはりそれなりのものをやっぱり食べたいと思ったりするのです。

コンビニのアイスコーナーに入っているカチコチのソフトクリームは嫌です。邪道です。あれはソフトクリームの形をした何かでしかありません。




モカソフトという前衛アートに度肝を抜かれる

モカソフトという前衛アートに度肝を抜かれる
東急東横線の学芸大学駅にあるマッターホーンと言えば、60年以上続く焼き菓子の老舗。ダミエなどのケーキを筆頭にその味には定評がありますが、夏になると「モカソフト」という限定メニューがイートインに登場するんです(持ち帰りも可能)。

私も過去に何度かマッターホーンへ足を運んでいましたが、まさかここでモカソフトなるものが振舞われているということを知らず愕然としました。

運ばれてきたモカソフトを見てびっくり。コーンがブッ刺してあります。これを客に提供するハートの強さがたまりません。ちょっとマッドマックス的な発想です。私もこのモカソフトと同じくらい尖った人生だったら。。。と思いを馳せてみながら、スプーンでソフトクリームを一口。

コーンのお尻が明後日の方向を向いてます。しかし、そんな見た目のパンクさとは裏腹に、ソフトクリームの溶けやすさへの配慮でしょうか、自分のペースでコーンにソフトクリームを詰めて楽しめます。

機能美を兼ねたデザインという他ありません。





クリームを食べ進めていくと、底には黒曜石のごとく輝くコーヒーゼリーがプルプルと震えているのが見えます。クリームでベタついてしまった口の中はこのコーヒーゼリーがサッパリとさせてくれます。

流行りのパフェのように、フレークのグシャグシャしたやつや、クリームまみれでなんだか分からない角切りのフルーツを口の中へ押し入れることに恐怖を感じる私。

そんな私にとって、これほどシンプルで誠実なパフェの土台というものはありません。コーヒーゼリーのみ!それが素晴らしいんです。

モカソフトを楽しめるのは11時〜18時。夏季限定でさらに数量限定ということで、興味のある方は是非、頼んでみてくださいね。

【店舗名】MATTERHORN マッターホーン
【住所】〒152-0004 東京都目黒区鷹番3-5-1
【TEL/FAX】TEL:03-3716-3311 / FAX:03-3714-0088
【営業時間】ショップ 9:00-19:30 / 喫茶室 10:00-19:30
【定休日】火曜日(祝日の場合は営業)
【Web】http://matterhorn-tokyo.com/shopgaiyo.html








“おやゆび文鳥”

シェアする

フォローする