本屋さんが家に来た!Kindleストアには 1万5千冊の無料本!持ち運べる本は2500冊!!

シェアする

本屋さんが家に来た!Kindleストアには 1万5千冊の無料本まである!

数ヶ月前までは電子リーダーに否定的でしたが、読書時間をもっと確保したいという気持ちから渋々Kindleを購入。

1ヶ月使用してみた結果、Kindleを購入して読書時間は倍近くに伸びました。

読書感想文は月に最低3冊分は書けるようになりました。

本屋さんが家に来た!

Kindleを所有するということは、電子書籍リーダーを買うというよりも、本屋さんが家に来た!というイメージに近いです。

本屋へ歩いて行かなくても、ネットから本が手に入るというのは、読書好きにはたまらないですよね。

当初は少ない冊数だと言われていたKindle電子版ですが、現在の蔵書数は44万。

さらに、1ヶ月に1万冊のペースで発行されていますので、1年で12万冊程度増え続けていることになります。

日本最大の蔵書数を誇る大阪の『ジュンク堂書店梅田店』が在庫200万冊で最大となりますから、Kindleストアはすでに4分1の規模にまで迫っている状態。

蔵書数は3年ほどで逆転するのではないでしょうか。

kindleストアで見つからない本は、Amazonで紙の本を買うというスタイルが定着していきそうです。

持ち運べる文庫本は2500冊! その重さは実に0.6トン!!!

ずらり1万5千冊の無料本!

日本語だけで15,000冊。

洋書を含めると70,000冊!!!

これでKindle購入費用の元は取れます。

良書がズラリと並ぶ青空文庫だけで1万冊以上。

青空文庫 無料本1万3千冊の全リストはコチラ!

古本屋で1冊100円で購入したとしても100万円分の本が無料で読める計算になります。

もちろん、青空文庫なんてPCやタブレットでも読めるじゃないかという意見もありますが、読書に特化した電子書籍リーダーでないとガッツリ読むのはちょっとキツいですね。

また期間限定で読める無料の漫画も充実しています。

漫画好きな方はKindleストアを要チェック。

電子書籍のメリット

  • 欲しい本はその場でダウンロード
  • 2500冊(0.6トン)の本を文庫本1冊程度の重さで持ち運び
  • E-Inkの端末なら紙の書籍とほぼ同等の見た目
  • 日本語だけでも1万5千冊の無料本が入手可能
  • ハイライト機能で重要な箇所が他ユーザーと共有化
  • しおりをガンガンはさめる

電子書籍のデメリットはほぼ解消可能

  • 買った本を売れない
    →今時、本をわざわざ売ったり貸したりしない
  • 記憶に残りずらい
    →慣れの問題
  • 読み飛ばし出来ない
    KindleのX-RAY(骨格)機能使えばいいのに
  • 雑誌やデザイン書
    →この辺りは紙の書籍に軍配があがります
  • 紙の本へのノスタルジックはわかります。

    私も紙の本が好きです。

    デザイン系や雑誌についてはやはり紙媒体で購入しています。

    しかし、電子書籍のメリットは、紙の書籍のそれを凌駕しつつあります。

    紙の本にこだわるのは、もう感情論でしかないような。。。

    機能だけにフォーカスして言えば電子書籍が圧勝ですし、この先、紙の本がこれを巻き返すことはまずは無理でしょう。

    電子書籍ライフに移行して、私の場合は正解でした。
    Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー
    Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー









    “おやゆび文鳥”

    シェアする

    フォローする