会社の人とは飲みに行かなくていい

シェアする

会社の人とは飲みに行かなくていい

いろんな人たちと飲んでみて、出した結論です。

一番不要だなぁと思ったのは、同じ部署の人間と飲むこと。

これやると、飲んでる最中の話題も仕事中心になるし、その会話が原因で後にも影響出るから、すごくイヤ。

だから、歓送迎会以外は飲まないように心がけています。

上司と飲めばメチャクチャ気を使うし、後輩と飲めば気前よく支払ってあげなきゃいけない。

仕事じゃねーか!

うん、全然楽しくない!

でもね、他部署の人たちと飲むのは面白い。仕事で絡みがあんまりないから。

しがらみ少ないと、それはそれでメリットあります。

だから、彼らのことを密かにかぐや姫って呼んでます。

仕事の愚痴は社内の「かぐや姫」で! 衛星距離感覚仕事の愚痴は社内の「かぐや姫」で! 衛星距離感覚

独り酒に落ち着く

一度、ブログでも紹介していますが、私は宅飲みをしません。

居酒屋に行っても、料理の質の割にはあんまり安くないなぁと感じることが多いです。

結局、最近はというと独り酒に落ち着いた次第です。ガヤガヤしている居酒屋で何叫んだっていいけど、お会計はなんだかんだでまぁまぁするんですよ。

独り酒だとそんなことはありません。私はお酒は一杯だけと決めているし、寿司食おうが、蕎麦食おうが、お会計だってせいぜい2000円弱。

二日酔いも無しです。

凄いコストパフォーマンス!

パターン1: 寿司と日本酒

まず八海山を冷やで頼む!そして、お寿司は炙りえんがわ、いくら軍艦、中トロ、目鯛、とろたくとか。一貫パクッとやって、八海山をちびり。これがサイコゥなんですわ。

パターン2: 鴨せいろとウィスキー

まず、ジャックダニエルのシングルロックでオーダー。氷が溶けるまではウィスキーは唇を濡らす程度にして、読書を楽しむ。

そして、鴨せいろの登場を待つ。鴨せいろが運ばれる頃には、ウィスキーの氷も溶けて、甘く感じる!ここがミソ。

蕎麦とウィスキーの風味の共演はなんとも素晴らしいものがあります。








“おやゆび文鳥”

シェアする

フォローする