歯磨きしても口臭が気になるなら、デンタルフロス

シェアする

歯磨きをしても口臭が気になるなら、デンタルフロス

加齢とともに口臭ケアも新しい必要になってきます。

電動歯ブラシでしっかり歯磨きする人も増えてきましたね。

リステリンのような口内洗浄液、舌ブラシなんかも口臭予防アイテムとしてよく挙げられますが、まず試して欲しいのはフロスです。

自分で口臭を確かめたいならデンタルフロス

加齢とともに、歯に食べ物が挟まりやすくなっていませんか?

外食でつまようじのお世話になる機会が増えているなら、歯と歯の間に隙間ができています。

これは加齢によるものですが、問題は食べカスがたまりやすいということです。

そして電動歯ブラシを使っても歯の隙間に溜まったカスが十分に取れないということです。

これが口臭の第一原因です。

デンタルフロスを試してみればわかります。

30歳過ぎたら歯磨き前にフロス!

30歳過ぎたら歯磨き前にフロス!
おじさん、おばさんの口から臭う口臭ってありますよね。

あの口臭の大半は歯の隙間にある食べカスからきていると考えられます。

内臓を悪くしている人の全く違うドブの臭いなので、嗅ぎ分けできるのではないでしょうか。

まず、歯磨きの前に自分の歯の数本にフロス(糸ようじ)を通してみてください。

そしてそのフロスの臭いを嗅いでみてください。

これが猛烈にクサイ。

ほんとにクサイ。

口臭の原因これだろう!っていうぐらいクサイクサイ。

これが全部の歯の隙間から臭ってくるなら、そりゃあ、相手の鼻にまで届く臭いになるでしょう。

デンタルフロスは糸タイプがおすすめ

海外ドラマでも糸フロスを使ったシーンを見かけるようになりました。

欧米では当たり前のケアなんでしょうね。

おすすめはやはり、糸タイプのデンタルフロスです。

私は、リーチ デンタルフロスを使っています。

初回は使い方に戸惑いますが、3回目くらいやればすぐ慣れます。

最近は取手がついたホルダータイプのデンタルフロスもありますが、歯の詰め物に引っかかる場合もあり、私はおすすめしません。

デンタルフロスの使い方

デンタルフロスの使い方








“おやゆび文鳥”

シェアする

フォローする