チェロの性能を引き出すエンドピンストッパー アドバンスト・エンドピンホルダー

シェアする

アドバンスト・エンドピンホルダー

チェロという楽器は形はその長い歴史の中で変化してきましたが、その最大の特徴はエンドピンを付けたことでしょう。

それまでは両足で挟んで演奏を強いられていたチェロは、このエンドピンを付けることで楽器としての表現の幅が一気に広がりソロ楽器として活躍出来るようになりました。

ただ、モダンチェロへの改造は新しい問題を生みました。それは、エンドピンを床に刺す床の環境によって楽器の性能が大きく左右されてしまうという点です。



チェロ買替えの前にエンドピンストッパーを変えてみる

アマチュアのチェリストたちのブログなどを読むと、チェロの買い替えの記事を目にします。楽器の買い替えは大変な勇気が入りますし、今所有しているチェロよりもグレードの高い物を買うわけですから、当然値段もアップします。

最低でも十数万円〜数百万円。。。

今度は、楽器ではなく弓にお金をかけるべきだという意見もあります。しかしこちらも数万円〜数十万円の世界。

私も弦楽器店で数百万クラスのチェロを試奏させてもらいましたが、その音色がまるで違うことに驚きました。

大きい音量かつ柔らかい音色。鳴りにくいとされるC線も軽やかに鳴ります。

自分の実力が向上したように錯覚するほど。

これは誰しも買い替えたくなります。さりげなく弓の金額もちらりと見たら65万円でした(笑)

チェロの音色をより楽しむために、チェロ本体や弓を買い換えるというのは当然といえば当然ですが、こういった動機の背景には現在所有しているチェロに不満があるのです。

しかし、楽器の性能を1万円以内で向上させる方法があります。

それが、エンドピンストッパーを替えてみるということ

アドバンスト・エンドピンホルダーがチェロの性能を引き出す

ゴム製のエンドピンストッパーを紛失したため、一時期自宅のフローリング直挿しでチェロを弾いていました。

もちろん、床に穴が空くので家族にこっぴどく怒られました。

そして、新しく届いたゴム製のエンドピンストッパーを床に置いて弾いたところ、音が濁っているように感じたのです。音量も小さい。。。そこでもう一度、床にエンドピンを(こっそり)直挿ししてチェロを弾くと響きが大きくなることに気がつきました。もちろん、知っている人は知っている事象でしょうが、アマチュアの私にとっては大きな発見でした。

そんなことを繰り返しているうちに思ったのです。このエンドピンをさす環境によって音響が変化していしまう問題に配慮したエンドピンストッパーはないかと。

すると、アドバンスト・エンドピンホルダーというエンドピンストッパーを見つけました。

まさしく、このエンドピンの欠点を考慮して開発されていて、わずかにドーム型に膨らんだエンドピンストッパーは、エンドピンを宙空で受け止める形になります。ゴム板のエンドピンストッパーで殺されていた響きがここで蘇るのです。

アドバンスト・エンドピンホルダー
このアドバンスト・エンドピンホルダーを使用して、実際にチェロを弾いてみればわかりますが、音は大きくなり、チェロ本体がうなり声をあげるように振動します。チェロの音が振動と共に演奏者の体を駆け巡るのが、チェロ演奏の最大の喜びだと私は思っていますので、本当に感動しました。チェロの買い替えばかりを考えていたモヤモヤが晴れわたり、今手にしているチェロに謝ったくらいです。

もちろん、改善効果や音色等はデリケートな話なため、顕著な効果を確認出来ない場合もあると注意書きがされていますが、私ははっきりと効果を感じました。

もともとゴム製のエンドピンストッパーを愛用していたせいもあるかもしれません。

チェロ本体が唸るなんて久しぶりです。他のエンドピンストッパーと比較するとお値段はやや高めですが、エンドピンストッパーとしての形状の美しさや楽器買い替えのコストを顧慮すると、安すぎるくらいかなと思ってます。

楽器の買い替えを検討されている方は、まずはエンドピンストッパーの買い替えを検討されてはどうでしょうか?









シェアする

フォローする