コスパ最強睡眠!超熟睡のためのシリコン耳栓とマジックテープアイマスク

シェアする

濃厚睡眠の為の耳栓とアイマスク

いくら高級な寝具を購入したとしても、五感への刺激を減らすというとに注力しなければ、睡眠の質は上がりません。

外からの刺激を減らすには音と光をコントロールしなければいけません。

壁の薄い集合住宅での騒音や、通りを走る車の音など、意図せずとも他者が出した音というものが勝手に自分の耳に入ってきて、睡眠が妨げられることが多々あります。

また、スマートフォンの光や街のネオンの光など、私たちの目は日没後も常に強い刺激にさらされ興奮状態です。

睡眠の質をあげるグッズとして必ず上がってくるのが、音を遮断する耳栓とアイマスクです。

外界の刺激をシャットダウンすることで普段の睡眠の質が向上するのは間違いありません。

私も約1年間この方法を試していますが、深く沈める感覚がクセになってしまいました。

ただ、一番重要なアイマスクや耳栓の選定方法があまり書かれていなかあったので、グッズ選びに何度か失敗を経験しています。正直なところ、100ショップで睡眠に耐えうる耳栓とアイマスクは手に入りません。これだけは断言できます。

言われてみれば簡単な事だけど、実際に使ってみないとわからないことは意外と多いもの。

実際にいくつか検証してみて、継続して使用に耐え得る耳栓とアイマスクを紹介していきます。

耳栓は朝まで外れないシリコン型!

耳栓を普段の睡眠で使う際に必ず2つの問題にぶつかる事になります。

問題1.多くの市販品はフォームタイプ(ウレタン)と呼ばれるスポンジのように広がるために、遮音性能が高いものの耳の中が広がって圧迫されるます。

継続して使い続けると耳が痛くなる。

問題2.耳の奥に入り込まないように耳穴から少し飛び出す設計になっているため、寝返りの際に取れてしまう。

要約すると多くの耳栓は、「一時的な音を遮断する」ために作られています。長時間の睡眠用には作られていません。

遮音性能を上げるために常に耳の中を耳栓で「圧迫」することはかえって睡眠の妨げになります。

また、睡眠中に耳栓が外れてしまっては本末転倒です。朝起きて、外れた耳栓を探す羽目になります。

選ぶべき耳栓は、「圧迫感の少ない、朝まで外れない耳栓」です。
耳栓はシリコン型
一般的なポリウレタン型を中心に3種類ほど試しましたが、一番良かったのはシリコン型の耳栓でした。粘土やソフトキャンディーのように耳の形状に併せて形を自在に替えて大きく蓋をしてくれるため、圧迫感が少なく且つ長時間使用しても外れません。

長時間の音を遮断するのに適した耳栓と言えるでしょう。私は6ヶ月ほど連続で使用していますが、特に耳が痛くなることはありませんでした。

海外の製品の為か一粒のサイズが耳に対して大きめなので、私は千切って少しだけ小さくしています。あまり小さく千切りすぎると耳から取れなくなるので注意してください。

また、穴を一気に塞ごうとして押し込めると空気が入って耳孔が圧迫されるので、一回塞いだら少しシリコンを浮かせながら空気を抜きながら装着していくようにすると、圧迫感のない状態で遮音性能を上げることが出来ます。2日くらいでコツがつかめると思うので、それほど難しくはないでしょう。

一般的なポリウレタン型にくらべると遮音性能はやや落ちますが、圧迫感の少ない上に朝まで外れない耳栓を選ぶなら間違いなくシリコン型の耳栓だと思います。

アイマスクは耳が痛くならないマジックテープ型!

こちらも「一時的な光を遮断する」ことに関してはどの製品を買っても構わないのですが、長時間の睡眠用だと話は違ってきます。選ぶポイントは3つ。

1.耳掛けタイプは避ける
2.寝返りを打っても外れないもの
3.睡眠中の眼球運動を阻害しないもの

耳掛けタイプを避けるのは、長時間使用すると耳の後ろが痛くなってくるからです。寝返りを打っても外れず、睡眠中の眼球運動を阻害しないものということで、マジックテープ型の薄い立体型アイマスクという結論に到達。シリコン型の耳栓もどうしても合わないという人は、マジックテープ型のアイマスクだけを試してみるのもいいと思います。圧迫感がないという点では、シリコン型耳栓よりもマジックテープ型のアイマスクが優れていますから。
アイマスクはマジックテープ型!
より深い睡眠で高いポテンシャルを発揮したいという方は、耳栓はシリコン型、アイマスクはマジックテープ型をおススメします。

入院の持ち物にも!

多くの病院では売店が併設されているので、大抵のものは手に入ります。けれども、さすがにシリコン型の耳栓や、マジックテープ型のアイマスクを手にいれることはなかなか難しいかもしれません。気胸で入院していた時も、大部屋で多くの人と同室になり、苦しそうな声や大きないびきに悩まされました。

実際にいろんな病気がありますから、耳栓やアイマスクをしない方が得策の場合もあります。治療に差し支えない範囲で準備しておくのもいいでしょう。

追記

この耳栓とアイマスクは家族にも評判がよかったので、追加購入しました!特にシリコンの耳栓を考案した人は偉大です。寝返りを打っても朝まで取れません。旅行先でも、いびき対策にも有効ですよ〜。
20140915

Dream Essentials 立体型アイマスク Sweet Dreams ブラック

Dream Essentials 立体型アイマスク Sweet Dreams ブラック









LINEスタンプバナー

シェアする

フォローする